忍者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潘金蓮 ってどんな人?

水滸伝ジュニア版4巻を読み終えました
4巻から新しく武松が登場します。
そして武松の兄、武大とその妻、潘金蓮 のエピソードが登場します
風の噂によれば水滸伝で最も知名度のある女性は潘金蓮だとか。
どんな女性なのかと思えば、とんでもない悪女です。
訳あって武大と結婚するのですが、家事はしないわ、性格悪いわ、不良とつるむわ・・・
それに比べて武大は小柄で気弱な性格、武大は美しい金蓮に愛を注ぎますが当の本人は武大の事を
疎ましく思っておりお世辞にも良好とは言えない夫婦仲

そんな中、『人食い虎を素手で退治して有名になった男』である武松が兄の下を訪ねて着ます
金蓮は有名人である武松の前では、良妻賢母を演じるもやはり演義。武松に怪しいと見抜かれてしまいます
武松は兄の事を思い、金蓮の兄に対する態度の悪さに腹を立て苦言を呈しますが、彼女は素知らぬ顔
兄も日頃からの金蓮の仕打ちをどうとも思っておらず、武松は敢えて何も言わないで兄の家を後にします

その後、金蓮は西門慶と言う悪名高い商人と手を組み大嫌いな武大を毒殺。
それを知った武松は西門慶を殺し兄への仇討ちを果たします。
しかし人を殺して罪人となった武松は流刑に科せられてしまいます。
本によっては金蓮も一緒に殺害されているみたいですね

とりあえず、ここまで読みました。
かな~り省きましたが要所要所で紹介文に使わせて頂きました

しかしこのエピソード、実はスピンオフ作品である「金瓶梅」と言う小説ではこの時点で西門慶が殺されずに
武松だけが逮捕されると言う事になっているらしいです。
ちなみに、この西門慶は「金瓶梅」と言う小説の主人公です。
スポンサーサイト

コメント

 
Secret

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。