忍者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水滸伝 感想

今読んでる水滸伝の本の感想です

宋江ってろくな奴じゃない件
コイツ何回自分の都合で殺されかけてるんだか・・・
おまけに秦明を仲間に引き入れたいからって妻も罪も無い人達を殺すってどういう事なの?
なんかこんな奴に忠誠やら尊敬やらしてる人達の方がよっぽど人として一枚上手なんだよな。
黒旋風も人を選べ。

おおまかな内容としては
罪人として逃げ回る宋江は、古い知人であり弓の名手花栄を頼って清山塞へ
そこで清風山を治める、燕順、王英、鄭天寿に捕まり殺されかけるも3人とも宋江ファンであった為
身分を名乗って命拾い。
居候の身でありながら、山賊に捕らえられていた女を勝手に逃がす。

清風山から出て花栄の家に行き匿ってもらう。
しかし、花栄と二人でお祭りに行った際暢気に一人で行動して、それを見ていた女(実は清風山で宋江が助けた女)に告げ口され、宋江捕まる。
罪人を匿っていた花栄も一緒に捕まり流刑にされる。しかし護送中に清風山の山賊に助けられてそのまま清風山へ逃げ帰る

そして秦明が攻めてくる
花栄と宋江で秦明を打ち負かし、仲間に「ならないか?」と誘うも秦明はそれを拒否
領土に帰った秦明は、自分が知らない内に謀反人に仕立て上げられていて妻の生首を目の前で晒される
行き場を失った秦明は仕方無く清風山に戻る
そこで宋江に「君を仲間にしたいから君の村を襲い、謀反人に仕立て上げた」とカミングアウトされる
やるせない気持ちになる秦明。誰だってそーなる、俺もそうなる
そして秦明は宋江一味に加わる。
後に清風山を官軍が攻め込むという情報が着て、清風山を焼き払い梁山泊に逃げる事にする
しかしその途中で寄った居酒屋で、石勇と言う男に弟の宋清から預かったという手紙を受け取る
手紙には「父が逝去した、早く帰って来い」と書かれていた
宋江は家に帰りたいと言い出す
しかし秦明達は「宋江が居るから梁山泊に逃げられるのに」と言う。もっともだ
しかし宋江は「梁山泊には手紙書いとくから後は上手くやれ」と言い家に帰ってしまう
なんて酷い男なんだ

今日はここまでです
自分だけが不幸な楊志と違い人に不幸をばら撒く男、宋江であった。

良かった。
水滸伝で好きな人物が、林沖と魯智心と王進と燕青で。
スポンサーサイト

コメント

 
Secret

はじめまして。

北方謙三の水滸伝は読んだことあるんですが、宋江は好漢って感じだったんでびっくりしました。

作者が違うとここまで描かれ方が違うんですね…

ジュニア版も読んでみたくなりました。

Re: タイトルなし

>ミミックさん
私は北方健三氏の「水滸伝」は未読なので、逆に解釈の違いに驚きました
北方氏の本では、宋江は好漢として描かれているんですね。

作者が違うと解釈も違っていて面白いです。
人物の名前や性格、渾名まで違ってきます。

ジュニア版は途中で話が終ってしまうのですが、とても面白いですよ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。