忍者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブトボーグとチャー研

二台キチガイアニメと言われるこの2つ・・・

チャー研を全話観てかわいそうなおともだちの一人になった私には、カブトボーグを見ない訳にはいけない
と思い、ニコニコにあった第一話を見たんDA!

いや~中々面白いですね。
何の説明もなくいきなり決勝戦から始まり、しかも対戦相手が行方不明になっていた、リュウセイさんの父親・・・
そして謎の回想・・・
そして更に調べてみると、死んだ人物が次週何の説明もなく当たり前のように蘇っている
カツジゾンビかよw

そしてこのアニメの魅力が説明された文章を発見・・・

「毎週が最終回」のようなストーリー。それは第1話を見た視聴者が最終回かと思ったほどの急展開。
重要な登場人物が死亡するが、次週に何も説明が無いまま普通に出てくる。
ヒロインが毎週変わる。
世界が滅亡する。しかし視聴者に何も説明しないまま次週に無かったかのように扱われる。
アニメ作品なのに隙あらば視聴者を騙そうとしてくる。
話のクライマックスで「次週へつづく」的な終わり方をしたのに次週に全く関係の無い話になる。
今まで視聴者の見たこともないシーンが回想シーンとして頻繁に登場する。
番組の始めに解説する『前回までのあらすじ』が視聴者の記憶に全く無い。
ストーリーの結末を「次回予告」の中だけで片付ける。
全身シルエットの意味深な謎の男が突如登場するが、2度と登場せず本当に謎の男だった。
現実では絶対に起きないことを大真面目にストーリーに反映させる。(例:おもちゃを養殖で繁殖させる)
視聴者にヒロインだと思わせた可愛い女の子が、実は主人公の父親の変装で視聴者に衝撃を与えた。
視聴者に何も説明の無いままに、いつの間にか世界が崩壊していた事が少なくとも2回以上ある。
おもちゃ「カブトボーグ」の販売促進アニメなのに、「カブトボーグ」についてルール等の解説が一切無い。
主人公が犯罪行為を頻繁に犯す。


痺れるだろ?

神アニメ決定だわ、べネ可愛いわ・・・

チャー研の方がまともに見える・・・かもしれない。
いやはや・・・甲乙つけがたい・・・

実はあるブロともさんが紹介で観たんですよねw
チャー研に勝てるわけねーwと思っていたんですが予想外でした

ちなみに、チャー研の説明文は・・・
1974年(昭和49年)4/1~6/28の間に放送された(東京では)、一話完結で、放送時間が10分のショートアニメーションである。

しかしその時間はOP,ED,CMを含んだ時間であるため、本編の放送時間はわずか
5分半ほどである。尺の事情によりストーリーの流れを放棄したり、問題を抱えたまま、
その問題を爆破して解決したりするなどの超展開が繰り広げられ、視聴者を放置して
ストーリーが進行する。
しかし、逆にこの5分の短い時間にもかかわらず、使い回し、敵による巧みな時間差攻撃、会話の長い間などの尺稼ぎが多用される。
また、効果音がない場面があり、緊張感のない戦闘シーンを繰り広げることも多い。

数々の名言や珍行動を残し、作画崩壊や陰毛と思われる物が画面に映り込んでいることがあるなど、視聴者を
いろんな意味で夢中にさせてしまう作品である。

どっちがより基地外と感じるかはあなた次第

俺はどっちでも良いけど
スポンサーサイト

コメント

 
Secret

にゃふ。

どうしよう、読んだだけで笑ってしまいました。
素晴らしい文章能力で!
あ、こんばんはです(ペコリ)

いやぁ、いろんなアニメがあるんですねェ(*´∀`*)
勉強になりますー…うん、いろんな意味で。

ではでは、お邪魔しました。

Re: にゃふ。

>一方さん
ニコニコ大百科の記事からのコピーなので
私の文章力とかは関係ないですね
興味があるのなら是非ご覧ください

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。