忍者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はあ?カプコン馬鹿じゃね?

ゲーム「戦国無双」法廷闘争に カプコン、9億8千万円賠償請求 特許権侵害訴え

2014.8.26 17:47

人気ゲームソフト「戦国無双」シリーズなどに採用されたシステムで特許権を侵害されたとして、ゲームソフト会社のカプコン(大阪市)が製造元のコーエーテクモゲームス(横浜市)を相手取り、約9億8千万円の損害賠償と販売差し止めを求める訴訟を大阪地裁に起こした。第1回口頭弁論が26日開かれ、コーエーテクモ側は請求棄却を求めた。

訴えによると、カプコンの特許は、シリーズ化されたソフトの続編を作動させる際、前作をゲーム機に読み込ませることで、追加のキャラクターやシナリオで遊べるシステム。コーエーテクモがプレイステーション(PS)2やPS3用に発売した「戦国無双」や「真・三國無双」シリーズなどで同様のシステムを採用し、カプコンの特許権を侵害したと主張している。

特許権を侵害したとするソフトの売り上げは総額約97億円に上り、そのうち特許のライセンス料に相当する5~10%の賠償を求めている。

コーエーテクモは「特許侵害の事実はない。徹底的に争っていく」とコメント。カプコンは「訴訟中の案件につきコメントできない」としている。


カプコンが9億円超の賠償請求 「戦国無双」で特許権侵害


「戦国無双猛将伝」など49作品で特許権を侵害したとして、ゲーム会社「カプコン」が、製造元の「コーエーテクモゲームス」に約9億8000万円の損害賠償などを求めて提訴し、大阪地裁(山田陽三裁判長)で26日、第1回口頭弁論が開かれた。コーエー側は請求棄却を求めた。



ほかのゲームは、三国志を舞台にした「真・三國無双猛将伝」や、除霊するホラーゲーム「零~紅い蝶~」など。



訴えによると、カプコンは2002年、別のソフトと組み合わせることでゲームに新たにキャラクターやシナリオが追加される機能や、敵のキャラクターなどの存在を振動で知らせる装置に関する特許権を取得。コーエーの作品には同様の機能があり、カプコンは「特許権の侵害に当たり、売り上げに大きく貢献している」と主張している。


(一部引用)


逆だろ普通w
つーか、他の会社も同じ事してんのに何故コーエーだけ狙い撃ち?
無双乗っ取りたい願望が丸見えなんだけどw
しかも、クラップコンが特許とる前からやってた事らしいし・・・
しかもシリーズの差し押さえ要求ってw 狙いが丸分かりすぎw
buzamaなんて小遣い稼ぎにもならんゲームを存続させる意味分からんわ

とりま肥は頑張れ
逆に著作権侵害で訴えてもええんやで
スポンサーサイト

コメント

 
Secret

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。